車乗り換えガイド|車を買い替えようかな?と思った時はコレ!

車の買い替え 時期やポイントについて考える!

車の買い替え時期
車買い替えは何を目安にするべきだと思いますか?

 

基準は人によって異なりますが、車を買い替えようと思っても、目安が無くて足踏みしてしまう方は少なくありません。

 

日本車は品質が良いため、乗りつぶしてから買い替える方もいます。しかし、乗りつぶすといっても、明確な時期やタイミングは人それぞれで、目安になるとは言えないと思います。

 

それなら、何を目安に乗り換えを検討するべきでしょうか。

 

一番目安にしやすいのが走行距離です。

 

平均的な走行距離は1年間で1万キロと言われており、大体7〜8万キロ走行した段階で買い替える方が多くなっています。

 

走行距離が10万キロ以上になってから乗り換えをする場合もありますが、下取り・買取時には過走行車と判断されるため、査定額が大きく下がる点に注意しましょう。

 

走行距離

 

売る時のことを考えるなら、7〜8万キロが良いタイミングとも言えます。

 

普段はあまり車を使用しない場合、新車登録からの年数(年式)を目安にしてみてはいかがでしょうか。

 

車の価値は年々減少し、7〜8年も経つと半分以下になると言われています。そのため、購入から7〜8年程度経ったら車買い替えを検討するのも良いでしょう。

 

ただし、人気車種・定番車種については話が別です。中古車市場でも一定のニーズが存在するため、新車登録より10年経っている車でも、走行距離が少なければ高く売れる場合があります。

 

査定をしてもらい、結果を見てから判断しても良いと思います。

 

年間維持費を目安とする方法もあります。車の維持費は徐々に高くなる傾向があり、長く乗るほど負担は増加します。

 

ガソリン代やオイル代、消耗品代などで毎年多額の費用を払っている方は、購入当時の維持費と比較してみましょう。

 

1.5倍〜2倍近くの維持費を負担している場合、車買い替えを検討する時期に差し掛かっていると思います。そのまま乗り続けても維持費は増える一方ですので、新車・中古車の購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

何回目の車検で車を買い替えるべき?

 

車は車検を受けないと公道を走行できません。初回の車検以降は2年ごとに1回受ける必要があります。

 

もし10年間同じ車に乗り続けるとしたら、合計4回(初回は3年のため)ほど車検のタイミングが訪れます。一般的には民間車検が7〜8万円、ディーラー車検が10万円と言われていますので、合計で約30万円〜40万円の費用が必要です。

 

これに加え、各種消耗品類の交換、不具合箇所の修理も含めると、更に費用は膨れ上がるでしょう。

 

車検切れ直前に車買い替えをする方も少なくありません。目安となるのが3年・5年・7年・9年ですが、いずれも車検を受ける時期であることから、このタイミングで車買い替えを検討する方が多くなります。

 

車は年式が新しく、走行距離が少ないほど高く売却できるため、早めに売ってしまったほうが新車購入時の費用負担を減らせます。

 

例えば3年目に愛車を50万円で売却し、120万円の新車を買うとすれば、購入費用の負担は実質70万円で済みます。

 

しかし、必ずしも早めに買い替えるのが良いとは言えません。車検は1回につき10万円程度の出費となりますが、仮に6年間乗り続けるとすれば、費用の負担は20万円ほどで済みます。

 

もし3年・5年ごとに乗り換えるとすると、購入費用のほうが高くつく可能性もあります。その都度ローンを組むと返済の負担が大きくなるため、初回あるいは2回目の車検で乗り換えるのは得策と言えません。

 

ただし、新車登録から10年が経つと車は価値が下がると言われており、更に13年が経過すると、自動車税も割り増しになります。

 

13年目までには、車検費用が合計50万円を超えるケースも珍しいことではありません。徐々に部品も劣化するため、実際の費用負担は更に増加します。

 

そのため、3回目か4回目、遅くとも5回目の車検で車買い替えを検討しましょう。売却する際のことも考慮すると、車の価値がある3〜4回目の車検時に買い替えるのが良いと言えます。

 

車買い替え参考サイト http://車買い替えラボ.com/