3年で車買い替えをする人がいるのはなぜか?

3年で車買い替えをする人がいるのはなぜか?

日本メーカーの車は非常に丈夫で、10年間乗り続けてもほとんど不具合が出ないことは良くあります。そのため、10年あるいはそれ以上の年数、同じ車に乗り続ける方は少なくありません。

 

ただ新車登録から13年が経つと、自動車税や車検代が高くなりますので、その前に手放すケースも多くなっています。

 

車買い替え3年

 

3年で車を買い替えるメリット

 

一方で、車を購入してから3年で買い替える方も中にはいます。どうして3年で車買い替えをしてしまうのかと、疑問が沸く方もいるのではないでしょうか。

 

確かにまだまだ乗れますし、不具合が出ることも滅多にないと思いますし、まだメーカー保証もついています。

 

しかし、3年で買い替えるメリットもあるのです。主に二つの理由が考えられます。

 

一つ目が高く売れる点です。新車登録からまだ3年しか経っていませんので、走行距離は2〜3万キロ程度だと思います。

 

車の下取り・買取価格は、主に年式と走行距離が影響するため、比較的新しく、かつ走行距離の少ない3年目の車は高く売れる可能性があります。

 

高値で売却できると、車買い替え時の費用負担も減りますので、早めに手放し、新車へ乗り換える選択も悪くはないと言えます。

 

もう一つが、車検を受けずに済む点にあります。初回車検は3年目に受けなければいけませんが、7万円〜10万円程度の費用を負担しなければいけません。

 

車検代を新車の購入費に充て、更に愛車を売却すれば、車買い替えに必要な費用が捻出できます。場合によっては、20万円〜30万円程度の資金上積みで新車を購入できるでしょう。

 

デメリット

 

ただし、3年目で車買い替えを行う欠点もあります。まず買い替え時には車検代やナンバー登録代などの諸費用がかかるため、結局高く付く可能性もあります。

 

また新たにローンを組むとなると、色々な問題も出てくるのです。例えばローンを払い終えていない場合、残債の処理がネックになります。多重ローンになってしまうと、借金が雪だるま式に膨れるおそれもあるため、長期的な返済計画を立てる必要があります。