車を買い替えるか乗りつぶすか|どっちが得なの?

車を買い替えるか乗りつぶすか|どっちが得なの?

 

日本の車は不具合が少なく、仮に不具合があったとしても、リコールなどによって一定の品質が保たれています。

 

特に故障などもなく、長く乗っている方も多いのではないでしょうか?燃費が良い車も多く、ガソリン代だけならさほど気にならないかと思います。

 

ただ、新車が欲しくなるなど、車買い替えを検討する時期が来ることも無いとは言えません。しかし、まだ使用に問題がないのであれば、乗りつぶすことも考えられます。

 

もし車買い替えと乗りつぶしを比較するなら、いったいどちらが良いのでしょうか?

 

まず乗りつぶす場合のメリットですが、車の購入費やお金の問題を気にしなくて良い点です。もちろん維持費はかかりますが、ローンの返済で悩まされることが無く、増加する維持費を差し引いても、長く乗るほどお金を節約できる可能性があります。

 

特に買い替え理由が無い場合、時期が来るまで乗りつぶしても良いでしょう。

 

しかし、車が古くなると、不具合や故障のリスクも高まります。突然故障する可能性も否定できませんし、修理代が高額になることも珍しくありません。

 

万が一修理が必要になった場合、高額な修理代を払って乗り続けるか、買い替えるかの選択を迫られることになるでしょう。

 

車買い替えのメリットは、維持費の抑制と不具合・故障に対するリスクの低下です。車は維持費が年々増えますが、買い替えると維持費が抑えられることも珍しくありません。

 

不具合などが起こらないとは限りませんが、古い車よりもリスクは低いと言えます。

 

一方で新車購入費用やローンの問題があります。現金一括ではまとまったお金が必要になり、ローンを組めば、数年かけて返済していくことになります。車買い替えは費用が最大のネックとなるでしょう。

 

車買い替えと乗りつぶす場合、いずれも一長一短です。ただ、新車登録より13年が超えると、自動車税・重量税が割増になります。

 

乗りつぶすつもりで車を使い、維持費や税金が気になり始めたら買い替えるのも良いと思います。