車買い替えで廃車?実は損する可能性アリ!

車買い替えで廃車?実は損する可能性アリ!

廃車

 

「走行距離も10万キロ超えてますし、査定は0円です」

 

車の買い替えをする方の多くは、ディーラーで下取りをしてもらうかと思います。しかし、査定で0円になってしまうことも珍しくありません。

 

もし愛車が売れず、0円になってしまったらどうするべきでしょうか?そのまま廃車にしてしまう方がほとんどだと思います。

 

そのため、ディーラーに廃車を依頼し、新車を購入することになるのが一般的です。

 

ただし、廃車にするには費用がかかります。いわゆる廃車費用ですが、大きく解体費用と手続き代行手数料に分けられます。

 

この2つを合わせたものが廃車費用で、ディーラーへ依頼した場合、1万円〜3万円程度を請求されます。でも少し高い、あまり費用を払いたくない、という方も多いのではないでしょうか。

 

ディーラーの下取りでは0円査定になることも珍しくありません。減点方式を採用しているため、基本価格からどんどん差し引いてしまうのです。

 

例えば、車が少し改造されているだけでマイナスになります。結果的に0円と判断されるケースもあるため、廃車を決める方がいる原因の一つです。

 

しかし、車を買取に出した場合は異なります。ディーラーとは違い、買取業者は独自のネットワークや、カーオークションなどの流通網を持っているため、ディーラーで0円と査定された車でも、値が付く可能性があるのです。

 

万が一値が付かず、廃車にするしか無いと判断しても、買取業者に査定を依頼してみると良いでしょう。

 

値が付けば、車買い替え時の購入資金負担が抑えられます。下取りと買取、両方の査定を受けてから判断しても遅くはありません。

 

ただ、車の購入と愛車の売却を別々のお店ですることになるため、手間が2倍に増える点に注意しましょう。

 

手続きに必要な書類もそれぞれ用意しないといけません。

 

車の買い替えに必要な時間が増えてしまいますが、下取りが0円なら買取を選ぶ方法がおすすめです。仮に10万円で愛車を買い取ってもらえば、廃車費用もかからず、かつ購入資金10万円が得られます。