車をローンで買い替えるなら金利の安いところで!

車をローンで買い替えるなら金利の安いところで!

カーローン

 

車を購入する際、ローンを組む方が多いのではないかと思います。現金一括で購入するのは負担が大きく、ある程度貯蓄がなければ難しいかもしれません。

 

そのため、ローンを利用することも珍しくはなく、購入と同時にディーラーで契約するのが一般的です。

 

ただ、ローンは会社によって金利が大きく異なります。車買い替えをする予定の方も、月々の負担を減らすなら金利をチェックしておきましょう。

 

車のローンは、大きく銀行系信販系に分類されます。

 

銀行系は、銀行や信用金庫などの金融機関が扱うカーローンです。

 

もう一つの信販系は、ディーラーで加入できるローン全般を指します。多くの方が利用しているのは信販系のローンで、お店へ行けばすぐ加入できるのが強みです。銀行系は金融機関の窓口まで行かなければならず、少し手間がかかってしまいます。

 

手軽さでは信販系が優れていますが、金利に注目した場合はどうでしょうか。実は信販の金利は少し高めに設定されており、月々の返済額が増える原因にもなっているのです。

 

金利は銀行系のローンのほうが低く設定されています。車買い替え時、毎月の返済額を減らしたいのであれば、銀行系のローンを検討すると良いでしょう。

 

一例ですが、信販系の金利は6%〜8%、銀行系は3%〜5%に設定されています。金利が1%異なるだけで、返済額が数万円も変わる場合があります。

 

仮に銀行系の3%でローンを組めたら、信販系の一般的な最低金利の半分で済む計算です。最終的な返済額が10万円以上変わる可能性も否定できません。

 

しかし、銀行系のローンは審査が厳しく、時間がかかるという欠点があります。ディーラーで加入できる信販系の場合、銀行系と比較して審査が甘く、30分もかからずに結果が出ます。

 

両者はほぼ別物ですので、金利と審査のどちらを優先するか、一度考える必要があると思います。少しでも返済額を減らすなら銀行系を、時間をかけたくない方は信販系のローンを選ぶと良いでしょう。